セロトニンとは 増やす方法、サプリメント、食品、呼吸法、腸、薬

セロトニンについて

セロトニンとは、心のバランスを整える神経伝達物質の一つです。
ノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑える働きがあります。
睡眠ホルモンであるメラトニンを作る原料にもなります。

 

セロトニンとは
セロトニンは腸で作られる

 

セロトニンを増やす方法

セロトニンを増やす方法を日常生活の中に取り入れて習慣化させましょう。
難しいことをする必要はありません。

 

日光を浴びる
朝食を食べる
リズム運動をする
意識的に呼吸をする

 

セロトニンを増やす食品

セロトニンを増やす食品を積極的に食べて分泌を促しましょう。

 

セロトニンを増やす食品
トリプトファンを含む食べ物
炭水化物、ビタミンB6を含む食べ物
身近な食べ物で
バランスのいい食事を

 

 

セロトニンを増やす呼吸法

 

生きていくために欠かせない呼吸ですが、セロトニンを増やすために効果的な呼吸法があります。

 

腹筋呼吸
腹筋呼吸はできる範囲で
坐禅
坐禅の組み方

 

セロトニンのサプリメント

サプリメントを上手に取り入れることは、セロトニンを増やすための一つの方法でもあります。

 

サプリメント
セロトニン症候群に注意

 

セロトニンの効果

十分に分泌していると体にさまざまな良い効果をもたらし、心身ともに健康になることができます。

 

ストレスに強くなる
欲求不満にならない
毎日快眠できる
朝から体が活性化する
若々しく綺麗になる
冷え性を解消する

 

セロトニン神経について

セロトニン神経は脳内にある約150億個の神経細胞のひとつで、セロトニンを分泌して情報のやりとりを行います。

 

セロトニン神経とは
大脳皮質を覚醒させ、意識のレベルを調節する
自律神経を調節する
筋肉へ働きかける
痛みの感覚を抑制する
心のバランスを保つ

 

セロトニン不足について

セロトニン欠乏度チェックリストを用いて、どのようなタイプの不足が原因になっているか判断することができます。
自分のタイプを把握することで不足を防ぎましょう。

 

セロトニン不足の症状
セロトニン不足チェック
日光不足タイプ
運動不足タイプ
原料不足タイプ

 

セロトニン不足でなる病

脳内のセロトニン分泌量が低下することで、さまざまな病気が引き起こされやすくなります。

 

うつ病
不眠症(睡眠障害)
パニック障害
強迫性障害
自律神経失調症
注意欠陥・多動性障害(ADHD)

 

うつとセロトニンの関係

セロトニン神経の働きが衰えると、うつになりやすくなります。
また、日照時間の変化などによる季節性のうつにも注意が必要です。

 

うつの原因はセロトニン不足
抗うつ薬(SSRI)はセロトニンを増やす
セロトニンで冬季うつを解消
五月病とセロトニンの関係
梅雨の憂鬱とセロトニン

 

セロトニンと社会生活