セロトニン不足で不眠症(睡眠障害)に

セロトニン不足で不眠症(睡眠障害)に

セロトニン不足でなる病気として、不眠症(睡眠障害)が挙げられます。

 

セロトニンは、睡眠導入の作用があるメラトニンの分泌を促します。
体内にメラトニンが増えてくると、人はだんだんと眠くなっていきます。

 

したがって、セロトニンが不足してしまうと、メラトニンの分泌量も少なり、寝つきが悪くなってしまいます。
うつ病の人も不眠症を併発いている人が非常に多いです。

 

逆にいうと、セロトニンをしっかり分泌させれば、不眠症を解消できるというわけです。

 

毎日の生活習慣でセロトニンの分泌量を増やすことはもちろん効果的ですし、さらにサプリメントを摂取してもっと分泌させるとより効果的です。
不眠症に特化したセロトニンの市販サプリメントは数多くあります。

 

日中に日の光を浴びて、適度な運動をしていると夜ぐっすり眠ることができるのは、セロトニンの働きによるところもあります。

 

引きこもりがちや運動不足の人は、ぜひ積極的に外に出て、軽い運動をしてみましょう。
それだけで軽い不眠症なら治ることがあります。

 

睡眠障害は本来薬やサプリメントに頼らず治すことが望ましいですが、それを実現させてくれるのがセロトニンを分泌させる健康的な生活でもあります。