セロトニンとは

セロトニンとは

セロトニンとは人間の精神面に大きな影響与える神経伝達物質のことです。

 

「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」と並んで、体内で特に重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。

 

ノルアドレナリン・・・神経を興奮させる神経伝達物質
ドーパミン・・・快感を増幅する神経伝達物質

 

セロトニンは、このノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整えます。

 

セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れやすくなります。
言い換えると、気分を安定化させるためにはセロトニンは非常に重要な物質になります。

 

さらに、セロトニンのはたらきは広範囲にわたります。
血圧、消化、体温、痛みの間隔など、多くの身体的な機能もコントロールしています。

 

また、セロトニンはメラトニンの原料になるため、気分だけでなく、夜に眠り朝に目覚めるという一日のサイクルにも影響をおよぼします。

 

メラトニン・・・体内時計をコントロールするホルモン

 

セロトニンが十分に分泌されていれば、幸福を感じ、感情的にも社会的にも安定します。

 

しかし、分泌が不十分でセロトニンが不足していれば、さまざまな問題が発生しやすくなります。

 

たとえば、イライラ、睡眠障害、不安、うつ、痛みの感受性の増加、PMS(月経前症候群)、アルコールや薬物の乱用などが挙げられます。