セロトニンを増やす方法:日光を浴びる

セロトニンを増やす方法:日光を浴びる

セロトニンを増やす方法として効果的なのは、日光を浴びることです。

 

日光を浴びるとセロトニン神経が活性化されて、スッキリした爽快感を感じることができます。

 

しかし、同じ光でも電灯では同様の効果は得られません。
それは、日光と電灯で照度が違うからです。

 

電灯の照度は100〜2500ルクスです。
しかし、日光はその10倍〜100倍の照度があります。

 

セロトニン神経を活性化させるには2500ルクス以上の照度が必要です。
ですので、手っ取り早く活性化させるには日光が一番ということです。

 

なお、人工の光でも2500ルクス以上の照度であれば、セロトニン神経を活性化させることは可能です。

 

これは高照度光療法と呼ばれ、うつ病や季節性感情障害の治療、パイロットや客室乗務員の時差ボケ解消などに使われています。

 

セロトニン神経は網膜から入る光信号を感知します。
皮膚は関係ありませんので、紫外線が気になる人は日焼け止めを塗って屋外にでましょう。

 

また、網膜から入るといっても、太陽光をじかに見るのはよくありません。
体全体で日光を浴びる程度でかまいません。

 

セロトニンを増やすためには、起床後に日光を浴びる必要があります。
寝る前に、例えば徹夜明けに朝日を浴びてから寝ても意味がありませんので、気をつけましょう。