セロトニンを増やす方法:朝食を食べる

セロトニンを増やす方法:朝食を食べる

脳内のセロトニンを増やす方法として、朝食を食べることが非常に有効です。

 

セロトニンの原料を食事から得られ、またそれと同時に咀嚼(そしゃく)というリズム運動をすることでセロトニン神経をきたえられるからです。

 

セロトニン神経は寝ている間は動いていません。
起きてから活性化するわけですが、そのスイッチを効果的に入れられるのが朝食というわけです。

 

また、セロトニンの原料であるトリプトファンは、体内では合成できません。
ですので、日々の食事から摂る必要があります。

 

そして、咀嚼というリズム運動はセロトニン神経を活性化につながります。
ですので、サプリメントやドリンクなどの栄養補助食材ですませるのであれば、栄養を摂ることはできても咀嚼のメリットを得ることはできません。

 

可能ならば30分ぐらいかけて、ゆっくりと朝食を摂りましょう。
それが無理でも、トーストや卵かけご飯など簡単なものをさっと食べてから出かけるようにしましょう。

 

朝食の中でセロトニンの原料を摂りつつ、咀嚼運動でセロトニン神経を活性化させれば、一石二鳥です。
セロトニンを増やすためには朝食は欠かせません。

 

休日に遅く起きた場合の朝食を食べる時間のずれは、特に気にする必要はありません。
昼夜逆転までいってしまうとダメですが、毎朝7時に食べていた朝食がたまには10時になる程度では、特に支障はありません。