セロトニントランスポーター遺伝子 性格は遺伝する

セロトニントランスポーター遺伝子 性格は遺伝する

セロトニントランスポーターとは、セロトニンの量を調節しているタンパク質のことです。セロトニンを再取り込みする役割も担っています。

 

セロトニントランスポーター遺伝子とは、セロトニントランスポーターの機能を司る遺伝子のことです。

 

セロトニントランスポーター遺伝子には、情報の文字数が短いS遺伝子と長いL遺伝子の2種類があります。

 

遺伝子は父と母から1つずつもらうので、人はSSタイプ、SLタイプ、LLタイプの3タイプに分類されます。

 

S遺伝子を持つ人はL遺伝子を持つ人より、神経質な傾向が強いことがわかっています。
つまり、LL→SL→SSとなるにしたがって、神経質な傾向が強まるわけです。

 

最近の研究によると、日本人とアメリカ人のセロトニントランスポーター遺伝子のタイプ別の割合は以下の通りです。

 

人種 セロトニントランスポーター遺伝子

日本人

SSタイプ・・・68.2%
SLタイプ・・・30.1%
LLタイプ・・・1.7%

アメリカ人

SSタイプ・・・18.8%
SLタイプ・・・48.9%
LLタイプ・・・32.3%

 

日本人にはSSタイプとSLタイプが多く、アメリカ人にはSLタイプとLLタイプが多いことがわかります。
このことから、日本人に悲観的な人が多く、アメリカ人に楽観的な人多い、と言われるのもうなずけます。

 

結局何が言いたいかというと、もし「自分はどうして神経質なんだろう?」と悩んでいる人がいるなら、遺伝だから開き直ってしまえばいいということです。

 

遺伝は、先天的な要素で自分でどうにかすることはできません。思い切って開き直ってしまうことで、不思議に心も軽くなるのではないでしょうか。