セロトニン不足で過食にならないように

セロトニン不足で過食にならないように

セロトニンが不足すると過食なる人がいるので注意が必要です。

 

ストレスによって引き起こされる症状はさまざまですが、イライラすると過食しがちになってしまう人は多いです。

 

過食をすると肥満になりますし、消化器官にも負担がかかり、体にとっては良くないことばかりです。

 

特に甘い食べ物をドカ食いしてしまいます。
それは、甘い物を食べることでセロトニンが分泌されるからです。

 

健康な方法でセロトニンを分泌せずに、手っ取り早くお菓子などからセロトニンを摂取しようというわけです。
昼夜逆転生活などで過食している人はまさに典型的な例と言えるでしょう。

 

しかし、このセロトニンの分泌の仕方は非常に危険です。
栄養的にも良くありませんし、白砂糖は摂りすぎると中毒になってしまいます。

 

また、このような方法でセロトニンを分泌しても、長続きはしません。
心身ともに健康になれず、また甘い物が欲しくなってしまいます。

 

どうしても甘い物を食べたいときは、なるべく精製していない砂糖(黒砂糖や三温糖)を使ったものを摂りましょう。

 

日光を浴びる、朝食を食べるなど、普段から健康的にセロトニンを分泌しておけば、ストレスで過食に陥ることはなくなります。

 

セロトニン神経を鍛えて健康的な生活を送りましょう。