セロトニンの効果:冷え性を解消する

セロトニンの効果:冷え性を解消する

セロトニンには、冷え性を解消する効果があります。

 

セロトニン神経が弱っていると体温調節がうまくできず冷え性になりがちになります。

 

人間の体は、暑い時には汗をかいて体温を下げようとしたり、寒い時には毛穴を閉じて体温を奪われないようにしています。

 

これは自律神経による体温調節の働きですが、セロトニン神経はこの自律神経に影響を与える役割を持っています。

 

現代社会では、冷房や暖房の普及により室内では一年中快適な気温で生活できるようになりました。

 

しかし、これは自律神経にとってはあまりよくない状態で、自律神経はある程度暑さや寒さの刺激があるほうが活性化します。

 

空調で気温が保たれるようになると、かえって体温調節がうまく働かなくなってしまいます。

 

体温は自律神経のバランスによって変化しています。

 

寝ている時やリラックスしている時は副交感神経が、起きている時には交感神経が優位になりますが、そのバランスを取ってくれているのがセロトニン神経です。

 

冷え性は自律神経のバランスが崩れていることが原因の可能性が大いにあります。

 

自律神経のバランスの乱れによる冷え性の場合は、セロトニン神経をきたえることが非常に有効的ですので、ぜひ試してみてください。