セロトニン神経とは

セロトニン神経とは

セロトニン神経は脳内神経の一つです。
脳の中には約150億個の神経細胞があると言われていますが、セロトニン神経の数はそのうちのたったの数万個しかありません。

 

セロトニン神経は、脳幹のほぼ真ん中に位置する縫線核(ほうせんかく)という部分にあります。
縫線核とは、左右の脳が中心で交わり縫い合わされたところにある神経核のことです。

 

セロトニン神経は、縫線核から脳全体にさまざまな情報を送り、心と体に影響を与えています。
このとき、セロトニン神経はセロトニンという神経伝達物質を分泌して、情報のやりとりをおこないます。

 

セロトニン神経の活動レベルは一日の中で絶えず変化していますが、その活動が活発であればセロトニンの分泌が多くなり、弱くなれば分泌が少なくなります。
分泌が多ければ、それだけ情報も伝わりやすくなるというわけです。

 

セロトニン神経が働くのは、おもに覚醒時です。
朝起きてから夜寝るまで、セロトニン神経は休むことなくインパルスを出し続けています。

 

つまり、起きている間中、セロトニンの分泌はおこなわれています。
そして、睡眠中には、そのインパルス活動が弱くなり、セロトニンはほとんど分泌されなくなります。そのため脳内のセロトニンの濃度が下がり、脳全体を覚醒する作用もなくなります。