セロトニン不足の症状

セロトニン不足の症状

脳内のセロトニンが不足すると、さまざまな弊害が生じます。
セロトニン神経が弱ると、脳内のセロトニンは不足してしまいます。

 

症状はさまざまですが、代表的なものは下記の通りです。

 

  • 怒りっぽくなったり緊張であがりやすくなる
  • 情緒不安定になり、ちょっとしたことに過敏に反応してしまいます。

     

  • 気分が沈みやすくうつ傾向になる
  • ネガティブな思考に陥りやすくなります。

     

  • 欲求不満になる
  • 依存症に陥りやすくなります。

     

  • 不眠になる
  • 生活リズムがくるい、昼夜逆転の生活になりやすくなります。

     

  • 朝になかなか体が動かない
  • 眠りから活動への覚醒のスイッチが入りにくくなります。

     

  • 老けた印象になる
  • 抗重力筋が弱り、顔に覇気がなくなり姿勢が悪くなります。

     

  • 冷え性になる
  • 自律神経のバランスが崩れます。

     

  • 痛みを感じやすくなる
  • 些細な痛みを強い痛みとして感じるようになります。

 

このように、セロトニン不足になると心身ともに不調になり、生活の質(QOL:Quality of Life)が低下しています。

 

毎日楽しく生き生き過ごすためには、セロトニン神経を鍛え不足するのを防ぐことが効果的です。

 

すぐに違いがわからないかもしれないですが、3ヶ月も経つと必ず心や体にはっきりと現れます。
自分の健康は自分で培いましょう。