セロトニン不足チェック

セロトニン不足チェック

セロトニンが不足しているかどうかは、日常生活をふりかえると判断できます。
以下の項目をチェックして、セロトニンが不足しているかどうか確かめましょう。

 

セロトニン欠乏度チェック
  • 項目1:日光を浴びることが少ない
  • 項目2:朝は出かける直前まで寝ている
  • 項目3:昼夜逆転生活になっている
  • 項目4:固いものをあまり食べない
  • 項目5:階段を使わずエレベーターやエスカレーターを使う
  • 項目6:30分以上続けて歩くことができない
  • 項目7:運動不足である
  • 項目8:デスクワークが多い
  • 項目9:朝食をとらない
  • 項目10:ごはんやパンなどの炭水化物をあまり食べない
  • 項目11:魚より肉をよく食べる
  • 項目12:ダイエットのため食事制限をしている

 

 

診断結果

 

0〜3個あてはまる → セロトニン神経は活発です。現状の生活を維持しましょう。
4〜6個あてはまる → 標準的なセロトニン神経活性度です。セロトニンにいい生活をしましょう。
7〜9個あてはまる → 少しセロトニン神経が弱っています。セロトニン神経をきたえましょう。
10個以上あてはまる → セロトニン神経が非常に弱ってます。悪い生活習慣が身についています。すぐにセロトニン神経をきたえましょう。

 

 

考えられるセロトニン不足の原因

 

どの項目にチェックがついたかで、タイプ別セロトニン不足の原因がわかります。

 

項目1〜項目3にチェックがついた日光不足タイプ
項目4〜項目8にチェックがついた運動不足タイプ
項目9〜項目12にチェックがついた原料不足タイプ