セロトニンで正しい姿勢、精悍な顔つきに

セロトニンで正しい姿勢、精悍な顔つきに

セロトニンが十分な分泌されていると、自然と正しい姿勢、精悍な顔つきになります。

 

セロトニンは自律神経だけでなく外見にも影響を与えます。
セロトニンが不足していると、姿勢が崩れ、顔つきにしまりがなくなります。
これは、抗重力筋が緊張低下している状態です。

 

抗重力筋には、首筋、背骨の周り、下肢の筋群だけでなく、まぶたや顔面などの筋肉群も含まれます。

 

抗重力筋を直接興奮させるのは脊髄の運動神経です。
これらの運動神経に対してセロトニン神経は刺激を与えます。

 

直接、筋肉を収縮させるのではなく、運動神経の細胞にセロトニンを分泌さえて、興奮レベルを上げます。
これにより、抗重力筋の緊張が高まり、背筋がすっと伸び、顔つきに締まりがでるわけです。

 

アンチエイジングなどの美容効果も期待できます。
高い化粧品やサプリメントを使うのも良いですが、セロトニンを十分に分泌させることも非常に有効です。

 

逆に、うつ状態などでセロトニンが不足していると、背中が曲がり、目に力がなく、顔に張りがなくなります。

 

人は姿勢や表情を見るとその人の精神状態や健康状態が分かると言います。
一目で不健康だと言われる人には、セロトニンが足りていません。

 

セロトニン神経を鍛えて、いつまでも若々しく健康でいましょう。