スランプの原因はセロトニン不足

スランプの原因はセロトニン不足

スポーツ選手など多くの人を悩ませているスランプですが、スランプの原因の一つはセロトニン神経障害によるセロトニン不足です。

 

スランプとは、今までトレーニングを精力的にこなし良い成績を出していた人が、急にガクンとうつ状態に陥り成績が低迷することです。
最悪の場合は、自殺する人さえいます。

 

疲労が蓄積することによりセロトニン神経が十分に働かなくなっていると考えられます。
ですので、そんな時にやみくもに練習を重ねると逆効果になるのは言うまでもありません。

 

治療としては、十分な休養を取ることが第一になります。
休養することでセロトニン神経が徐々に回復します。

 

良い成績が残せないからといって、やみくもにトレーニングを重ねるだけではかえって症状が悪化してしまいます。
下手をしたら怪我などに発展しかねません。

 

自分を信じてしっかり休むことが大切です。
本人がなかなか休まない場合は、周囲の人がしっかり休むよう本人にすすめてあげてください。

 

明けない夜はないとはよく言ったもので、いつまでもセロトニン神経が弱っているわけではありません。

 

体が休まると徐々にセロトニン分泌が戻り、心に元気になっていきます。
焦りは禁物です。急がば回れの精神が重要です。