セロトニンを増やす食品:炭水化物、ビタミンB6を含む食べ物

セロトニンを増やす食品:炭水化物、ビタミンB6を含む食べ物

セロトニンを増やす食品として、トリプトファンと同様に大事なのが炭水化物、ビタミンB6を含む食べ物です。

 

トリプトファンがセロトニンの原料となるわけですが、炭水化物やビタミンB6がなければセロトニンを生成することができません。
トリプトファンと合わせてこれらの食品も十分に摂取するようにしましょう。

 

炭水化物

セロトニンを作るためにはトリプトファンを含むたんぱく質が必要になりますが、たんぱく質を多すぎると、逆に脳へのトリプトファンの取り込みが鈍くなり、うまく生成することができません。

 

セロトニン神経を活性化して、円滑に体内でセロトニンを増やすためには、脳への取り込みを良くする働きのある炭水化物を摂取することが重要です。

 

炭水化物はごはんやパン、パスタ、芋類などに豊富に含まれています。
さらには、ごはんを玄米に、パンやパスタは小麦胚芽が含まれているものにすれば、一緒にビタミンB6も摂取できるので一石二鳥です。

 

ビタミンB6

ビタミンB6は脳内でトリプトファンと合体し、セロトニンを作るためには欠かせない栄養素となります。

 

魚類、牛レバー、豚肉などに豊富に含まれていますが、中でも不飽和脂肪酸であるDHAやEPAを含む魚類で摂取することが望ましいです。
不飽和脂肪酸の働きで血液がサラサラになり、脳の働きがよくなるからです。

 

イワシ、サンマ、カツオ、サバ、サケ、タイ、ニシン、マグロなどを積極的に食べるようにしましょう。