セロトニン症候群に注意

セロトニン症候群に注意

セロトニンのサプリメントや抗うつ薬などを過剰摂取していると、セロトニン症候群になる恐れがあるのが注意が必要です。

 

セロトニン症候群は、脳内のセロトニン濃度が上がることによって引き起こされる副作用です。
吐き気、頭痛、発熱、興奮、高血圧、下痢、睡眠障害など多岐にわたる症状が全身に現れます。
重篤な場合は死に至ることもあるので要注意です。

 

動物実験でも、セロトニン前駆物質の大量投与によるセロトニン症候群の発生が認められています。
セロトニン前駆物質とは、セロトニンの原料となるトリプトファンのことです。

 

トリプトファンは通常の食事から摂取する分には問題ありません。
過剰に摂取したとしても、必要のない分は体外に排出されるからです。
しかし、サプリメントを利用してトリプトファンを摂取しているときはその限りではありません。

 

また過剰摂取をしていなくても、サプリメントや薬を飲み始めた頃は、一時的にセロトニン症候群になりやすくなることがありますので、慎重に摂取するようにしましょう。

 

もし体に異常を感じた場合は、ただちにサプリメントの使用をやめましょう。
それでも異変が無くならなかったりひどくなる場合は医療機関を受診してください。

 

医師から処方された薬を服用して、セロトニン症候群と思われる副作用が現れた場合は、速やかに医師に相談しましょう。
いきなり断薬すると離脱症状を起こす場合もありますので、医師の指示に従いましょう。