セロトニン不足の原因:日光不足タイプ

セロトニン不足の原因:日光不足タイプ

セロトニン不足チェックで、項目1〜3にあてはまった人のセロトニン不足の原因は、日光不足タイプです。

 

夜遅くまでインターネットやテレビを見たり、終電まで飲んでいたり、昼夜逆転生活をしたり、オフィスや家にひきこもりの生活を送ってはいないでしょうか?

 

そして、寝覚めが悪くなかなか起きることができず、朝食も摂らず外出ギリギリまで布団で寝て、午前中はぼーっとしている、ということないでしょうか?

 

そういう人は、セロトニン不足に陥ってる可能性が高いです。
セロトニンを増やすには「日光」が必要です。

 

普通の照明の光は物を見るには十分ですが、照度が低いのでセロトニン神経を活性化させるには不十分です。

 

セロトニン神経は、眠っている間はほとんどセロトニンの分泌をしませんが、朝起きるとセロトニンの分泌を始めます。
このとき、上手にセロトニン神経を活性化させると、スムーズに一日のスタートを切ることができます。

 

朝のセロトニン神経の活性化は、起床直後から30分までが重要です。
ですので、朝起きてすぐ日光を浴びることで、セロトニン神経化を活性させ、一日のよいスタートを切ることができます。

 

今よりも意識的に日光を浴びることで、より快適な生活を送りましょう。