セロトニン不足の原因:運動不足タイプ

セロトニン不足の原因:運動不足タイプ

セロトニン不足の原因の一つである運動不足タイプは、セロトニン不足チェックで、項目4〜8にあてはまった人が該当します。

 

現代人にとって運動不足は大きな問題となっており、セロトニン不足の大きな一因にもなっています。

 

一定のリズムで同じ動作を繰り返す「リズム運動」がセロトニン神経を活性化させます。
リズム運動をすると、セロトニン神経が活性化し脳内のセロトニンが増えます。

 

代表的なリズム運動としては「歩行」「咀嚼(そしゃく)」「呼吸」が挙げられます。

 

しっかり歩いて、しっかり噛んで食べて、しっかり呼吸をする、基本的なことですが現代生活ではおろそかになりがちかと思います。

 

デスクワークが中心の生活の人は、運動する時間を設ける、なるべくエレベーターやエスカレーターではなく階段を使う、など工夫して生活の中にリズム運動を積極的に取り入れて、脳内のセロトニンを増やしましょう。

 

激しい運動をする必要はありません。
長続きする緩やかなリズム運動を毎日するように心がけましょう。

 

脳内のセロトニンが増えると爽やかな気分になり、よりエネルギッシュな毎日を送ることができます。

 

リズム運動をすることは運動不足解消にもなりますので、肥満や生活習慣病の予防や改善にもつながり、一石二鳥です。