うつの原因はセロトニン不足

うつの原因はセロトニン不足

うつの主な原因は、強いショックやストレスが心身に掛かり、脳内のセロトニンの分泌が低下することにあると言われています。

 

心を平常心に保つ上で、重要な役割を果たしているセロトニンの働きが衰えると、うつ状態になりがちです。

 

セロトニンの働きが悪くなることによってうつ病が引き起こされ、うつ病の治療はそのセロトニンの働きを補い改善させる形で行われます。

 

うつ病の治療薬として使用される抗うつ剤も、脳内でのセロトニンの濃度を高める作用のある薬です。

 

セロトニン神経を鍛えることでうつ病の予防ができます。
セロトニンを増やす方法、日光を浴びる、朝食を食べる、リズム運動をする、意識的に呼吸をする、などの習慣を日常生活に取り入れることで、うつ病になりにくい健康的な体と心を手に入れましょう。

 

近年うつ病になる人の数が急激に増えているのは、こういったセロトニンに良い生活とほど遠い生活を送る人が増えたことが大きな一因になっているからでしょう。

 

特別に何かをしなくても、毎日規則正しく生活をして、栄養のある食事を取り、適度な運動をするだけでうつを予防することができます。

 

セロトニンが十分に分泌されていれば、毎日のパフォーマンスが上がり人間関係や仕事なども良好にいくことが多いので、まさに一石二鳥です。