抗うつ薬(SSRI)はセロトニンを増やす

抗うつ薬(SSRI)はセロトニンを増やす

抗うつ薬は脳内のセロトニン濃度を高める作用のある薬です。

 

抗うつ薬の代表的なものにSSRI(選択的セロトニン再取込阻害薬)があります。
有名なSSRIとしては、パキシル、ルボックス、デプロメールなどがあります。

 

神経細胞には、セロトニンを放出する側と受け取る側であるセロトニン受容体があります。

 

そして放出する側には再取り込みの入り口であるセロトニントランスポーターというものがあるのですが、セロトニンは一度使われると、元の放出する側のセロトニントランスポーターに再び取り込まれてしまいます。

 

そこで、SSRIを服用すると、そのセロトニンを再取り込みしてしまうセロトニントランスポーターの入り口を防ぐことができます。

 

このことにより、セロトニンが再取り込みされにくくなるので、セロトニンの総量が増えて不安が生じにくくなります。

 

SSRIには即効性はあまりなく、服用して効果が現れるまでは約2週間ほどかかると言われています。
ですので、飲み始めて2週間は効果を実感できなくても薬を飲み続けましょう。

 

また、SSRIは比較的副作用が少ないとされていますが、吐き気やむかつき、便秘などが報告されています。

 

薬によって脳内のセロトニン量を増やしている状態なので、急にSSRIをやめることは危険です。
離脱症状が起きかねませんので、しっかりと医師の指示に従って服用しましょう。